2017年11月19日

地元に研修旅行

私の通っている陶芸教室では、毎年、旅行に出かける。
でも年々人数が減っているし、年齢も毎年1歳大きくなって
あっちが痛いの、歩くのしんどいの、いろんな要望が出始めて
以前のようにバスを借り切って、遠出するのがためらわれるようになった。
で、今年は思い切って倉敷美観地区へ。
全員倉敷にいるので、「今年は美観地区にしま〜す!」と
私が高らかに宣言しても、みんな無反応だった。
「あんなとこ、行ったってしょうがないでしょ・・・」
しばらくしてぽろり、ぽろり、声が聞こえてくる。
「『いつものウォーキングを美観地区にして、アートを観て、美味しいものを食べて帰る』
くらいの気持ちで、行きましょ」
・・・ということで、今日は北風が冷たかったけれど、美観地区に研修旅行に行ってきた。
倉敷民芸館・大原美術館の工芸館のみ観て(本館は観ずに)、
旅館くらしきで50食限定「四季の散歩道御膳」を食べる
・・・というコースで。

行ってみて気が付いたのだが、「あんなとこ」「しょっちゅう、行ってるわ」というわりには
民芸館も大原美術館の工芸館も、旅館くらしきも初めて入ったという人ばかりだった。
「こんな見ごたえがあるところだとは知らなかったわー」

知っているようで、実はあんまり知らないのが「地元」
どう?
いいところだったでしょ。美観地区って。

20171119.jpg



posted by りつ at 22:05| Comment(0) | 私は店主
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: