2017年11月15日

自信が・・・

骨董屋のさいちゃんのインスタに「里親募集」の子猫の写真が出ていた。
なかなか貰い手が見つからないらしく、私が最初に見てから
数週間が経っている。
ネコ好きとしては心が痛む。
過去に「飼い主さんを探してるんよ」と
つぶらな瞳の子猫写真が添えられて、友人がメールをくれたことがあった。
「よし!飼お!」と一番のり気だったのは
一番世話をしなさそうな単身赴任中の夫だった。

無責任なキモチでは一緒に暮らせない。

私と息子たちは、この部分で一致していて、
結果
「棚のガンプラを守り切れる自信がない」長男と、
「人生ごと捧げてしまいそう」という私が、この時は断ってしまった。

にゃーとしたおめめが、私の心を揺さぶる。
・・・だめだ。
私はまだ、君にすべてをささげるわけにはいかんのだよ。

posted by りつ at 12:02| Comment(0) | 私は店主
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: