2011年06月30日

4月の幸せ(きのこさん)

うちの軒下のツバメが飛行訓練に入りました。
親はエサをやるそぶりをしながら巣に近づき、
届くか届かないかのところで、さぁーっと飛んでいく。
それを繰り返しているうちに、勇気ある一羽が
巣から飛び出していきました。
今日はこの子だけだったみたい。
あとの子は少し広くなった巣で、身を寄せ合うようにくっついて
ご飯が届くのを待ってる。
ほれ、アンタたちもがんばらんと・・・
---------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日はきのこさんの5月の・・・いえ、4月の幸せです。

今更ですが、4月までの幸せ。
あの日以来、幸せに思うことは幾つもあったのに、
なかなかハガキを書く気分になれませんでした。
あの時間、娘の下校時刻が迫っていた私は、
家まで数百メートルの所を自転車で爆走していました。
一瞬、ハンドルがふらつき、故障かなと思った後、
異様な物音に気付き、自転車から降りました。
立っているのがやっとの状態で、電柱はメトロノームのように
左右に揺れ、家も駐車場の車もユサユサと動き、
車のセキュリティーブザーが鳴り響いている。
このまま収まらないのではと思いたくなる程、長い揺れでした。
自宅の電気・ガス・水道は無事だったものの、
電車が全面ストップの中、夫は都心から20キロ弱の距離を
3時間以上かけて、徒歩で帰宅してきました。
その夜はお風呂に入って、3人揃ってベッドで眠れる幸せを
しみじみかみしめた次第です。
その後は、施設の照明が薄暗くなり、スーパーの棚もガラガラになり、
ガソリンも手に入らず、余震と原発、停電にびくびくする日々でした。
精神的にかなり消耗していたようで、すぐボロボロと涙がこぼれたり、
地震に関する夢ばかり見たり、
電車で出かけるのが怖く、しゅちゅう揺れてる気がして
1ヶ月くらいは、かなりヘコんでいました。
当たり前の日常が幸せなことだとわかっているつもりでいたのに、
改めて気付かされたのです。

                     きのこ

きのこさま

怖い思いをしましたねぇ・・・。

私のいる岡山では、一時的に品薄になったものはあったようですが、
ほとんど生活は変わらず。
すべてはメディアの中で知ることばかりでした。
あの震災の日ですら、出先の事務所で
「大変なことになったみたい」と慌ててTVを付けられて、
初めて知ったほど。
揺れも音もなく、いつもどおりの午後でした・・・。

震災後、私も思いのほか落ち込んで、
最近やっと自分らしく動けるようになったかな・・・という感じです。
ただ、以前はほとんど意識しなかったこと、
「失う」ということを、とても怖いと思うようになりました。
大事にしているもの・・・
単純にモノではなく、例えば家族や思い出といった、
取替えのきかないものを失う事が、身震いするほど恐ろしい。
それまでは
「物事、なるようにしかならんのよ」とアバウトだったのにね。

震災後3ヶ月以上経っても、
先が見通せない私たちの国。
上のほうの人たちの決め事に一喜一憂する日々が、
いつになったら終わるのか。
暑い夏を前に憂う日々です。

                       りつ
posted by りつ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月29日

ガラス展

昨日、自転車をキコキコこいで
倉敷美観地区のクラフト&ギャラリー幹に行きました。
岡小百合さんのガラスのジュエリー展です。
せっかく行ったのに、カメラを忘れてしまって
今回は1枚も撮れず。
あ〜、残念・・・

20110630a.jpg

岡小百合 
ガラスのジュエリー展
2011.6.28(火)−7.3(日)
10:00−18:00(最終日は17:00まで)

クラフト&ギャラリー幹
〒710-0046
岡山県倉敷市中央1丁目6−8
086-422-7406

地図→

20110630b.jpg

もうひとつ。


山下理恵さんのガラス展が7月2日から

岡山のカフェ・フォセットで開かれます。

「こどもといっしょに使いたいガラス雑貨たち」

来月はもう夏休み。

長いお休みの間、涼しげなガラスを使ってみませんか?

●なつ こども がらす●
山下理恵ガラス展
「こどもといっしょに使いたいガラスたち」

2011.7.2(土)−7.30(土)
 ※会期中無休
10:00−19:00
cafe fossette(フォセット)
(岡山国際交流センター1F)
岡山市北区奉還町2−2−1
 TEL 086ー252−2188
地図→
posted by りつ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリーにて

5月の幸せ(しおひかさん)

節電のため、我が家を早寝早起きに変えよう!
・・・と思い立って、今日で3日め。
なかなか目覚ましどおりに起きれなくて、
4時半に起きるはずが、意識がはっきりしたのはほとんど5時。
これじゃ、いつもとあんまり変わらない。
それよりさらに早い3時半に、息子たちの部屋から
ジャカジャカ目覚ましの音がなってるけど、
ぜんぜん止める気配なく。
数十分後、
止めたのか、目覚ましが力尽きたのかわからないくらい鳴ったあげく、
やっと止まる。
夜、寝る時間をもう少し早めないと
こりゃ、計画倒れになりそうじゃ・・・。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日の5月の幸せはしおひかさんです。

腎臓病の方たちをサポートする会報の編集者から、
インタビューの申し出を受けた。
カメラマンに写真を撮られると聞いて、何を着たらいいのか迷った。
そして、母の形見のグレーの生地に、落ち着いたピンクの花柄の
ワンピースを着た。待ち合わせのホテルに入るなり、
「あぁ、とても綺麗です!」「雨なのに気持ちが明るくなりますね」と
褒めて頂いた。
「これね、96歳でなくなった母のお古で、アメジストのネックレスも、
この淡い紫のレインコートも母の・・・」
問われてもないのに、照れ隠しのようにぺらぺら説明した。
母の趣味を褒めてもらったようで、余計私は嬉しかったのだ。

                          しおひか

しおひかさま

今は亡きお母様の形見の品、
今の季節にぴったりだったみたいですね。
大切な人が使っていたモノは、
単純にモノとしての価値だけじゃなく、
思い出もまとった逸品。
大事に使って、さらにその次の世代、娘さんたちにも残してあげられたら
素敵ですね。

着物を今よりも頻繁に着ていた時代は
母から娘へ、そしてその先へ世代を超えて使っていくのは
当たり前のことだったようですが、
今はそれがなかなか難しい。
「流行」という波は、結構な速さで押し寄せて
あっという間に去っていくものですから。
それに流されない、良いモノを残されたお母様のセンス、
さすがですね。

私が若かりし頃にお金をつぎ込んだ洋服たち。
残念ながらうちは息子2人なので、
今は「処分対象品」として、タンスの中で眠っています。
もう一度日の目を見るチャンス、あるかなぁ・・・
                             りつ
posted by りつ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月23日

5月の幸せ(朧堂みにさん)

我が家の軒先にできたツバメの家。
ネコ避けを置いたのがよかったのか、
順調に大きくなっています。
残念ながら一羽、巣から落ちて死んでしまったのですが、
残りの4羽は大丈夫。あっという間に大きくなりました。
20110623b.jpg

ほれ、すっかりツバメらしくなったでしょ?
20110623a.jpg

大家の私が言うのもなんですが、なかなかの美人(イケメンかな?)揃い。
可愛らしい尾羽もちょこっと見えていて、そろそろ巣立ちが近いかも。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ひとてまカレンダー>
今日は朧堂みにさんの5月の幸せです。

5月の一番の幸せは、友人に子供が産まれたことです!
ずーっと欲しがってた子供が、やっと産まれてきてくれましたの。
みんなほっとして、うれしくて、うれしくて。
よかったねぇ。よかったねぇ。
ご夫妻を知ってる人に会うたびに、みんなで喜んだのでした。

                          朧堂みに

朧堂みにさま

ちっちゃくて、無力で、ひとりだと1日も生きられない、
マシュマロのかたまりみたいな赤ちゃんが、
まわり中の大人たちを無条件に幸せな気持ちにしてくれるから
不思議ですよね。
これから数年、このマシュマロちゃんがすごい進化をするから面白いですよ。
幼虫→アルマジロ(もしくはコモドドラゴン)→チンパンジー→人間。
ざっとこんな感じで大きくなります。
時々会って、その都度その都度、コミュニケーションのとり方を変えながら、
コンタクトをとってみると、いろいろ面白い事を見せてくれて飽きないはずです。
観察してみましょう(^^)V
ただ「前回会った時の芸をもう一度」と思っても、
たいては本人も覚えていないので、写真やビデオに撮っておくか、
文字や絵にして残す事をおすすめします。
子供の成長は流れる川のようなもので、後ろに戻ってはくれないみたいです。
一緒に遊べる時は、プライドはかなぐり捨てて、どっぷり浸るように遊ぶと
今まで見た事のない世界が見えて、ずいぶん楽しめますよ。

以上
ひとてまどうの「赤ちゃんひとくちメモ」でした。(笑)

                            りつ
posted by りつ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月22日

5月の幸せ(なおこさん)

昨日は久しぶりのお日様。
午前中、病院に行って採血を受けた後(人間ドックでちょこっと引っかかってまして・・・)、
電車とバスに乗って岡山のギャラリー・やぶきへ行きました。
十河隆史さんの個展を観て外に出ても、お日様は高い位置。
天気のよさにつられて
最寄り駅を通過して、高松まで行きました。
急に瀬戸大橋を渡りたくなってね。
「橋の上から海を見るぞ〜」と楽しみにしてたのに、
その区間だけ眠ってしまったみたい。
気が付いたら坂出でした。。。
きらきら光る瀬戸の海が観たかったのにぃ〜。
(いつになくパワフルだったのは、ちょびっと血抜いたからかな・・・)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日の5月の幸せはなおこさんです。

5月は1日だけの写真教室に行ってきました。
ほんの数時間でしたが、せっかく買った一眼レフ・・・
いかに使いこなせていなかったか・・・痛感しました。
 ちょっと操作を加えるだけで、いつもの写真が全然違うのです!
ほんのひとてまでカメラライフが楽しくなるのだと
教えてもらいました。
 いろんなひとコマを切り取り、残していきたいと思います。

                           なおこ


なおこさま

私も写真は我流なので、なかなか思うように撮れないんですよ〜。
習いたいですね〜、写真。
(まず、トリセツ読まなきゃ・・・)

何がこんなに心を捉えるのか・・・
時々そういう写真に会う。
あれ、なんだろ・・・
写真の向こう側にある、「物語」が微かに伝わる写真。
何を意図して撮ったのか、それがはっきり伝わって、心に刺さってくるものより
穏やかにふんわりじんわり伝わる写真が好きです。
一見、どうってことない被写体をうま〜く切り取って、
子どもの頃に読んだ、文字の少ない絵本みたいに
それを目にした人が物語を勝手に考えられる・・・ような。

カメラ、いっぱい触ってると、撮れるようになるかしらねぇ・・・

                         りつ
posted by りつ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月21日

5月の幸せ(momotaroさん)

学校まで150Mほどの距離にうちはあるのに、
忘れ物をしたといって「持ってきてっ!!」メールを送ってくる次男。
「母さんは忙しい!自分で取りに帰れ!」と返信する間に
学校まで着いてしまうので、持って行ってしまった。。。。
そしたら後で無性に腹が立って・・・。
持って行った自分にも、毎朝どたばたで出て行く次男にも。
「朝はもう少し早く起きて!!」と
後で次男に噛み付いた、今日はそういう日でした。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日はmomotaroさんです。

今月は家のことでも、仕事のことでもいろいろあって
何だか大変な月でした。
そんな中でもようやく美容院でリフレッシュ。
今回はパーマもあてて、白髪も染めてもらってフルコース。
さすがに4時間近く椅子に座ってると、疲れに行っているような気もしない
でもないが、途中シャンプー台で夢を見たり、スタッフの人と
イケメン談義に花を咲かせたり(笑)
読みたかった雑誌を読んだりしながら、美容院を満喫する。
この5〜6年、お世話になっている美容師さんは
明るくて楽しくてエネルギーに満ち溢れてる人。
話を聞いていると、仕事もプライベートもしっかり楽しんで
充実しているのがよくわかる。
「へぇ〜っ」っていう話がいっぱいで、
何となく元気がもらえるのだ。
・・・しかし、残念な事に寿退社して遠くに嫁に行くという・・・
(いや、おめでたいのだから、喜ばなくちゃいけないな)
今回が最後だ・・・。
会計の時にカルテを見て「お誕生月ですね」と割引してくれつつ、
改めて「○○歳には見えないですねぇ。」と言ってくれる。
お世辞でも嬉しいよ。
帰り際に(ホントに)ささやかなプレゼントを渡すと
「泣かない」と言いつつ、ウルウルしてくれる。
長いことお世話になりました。

「あなたならどこへ行っても大丈夫。
また新しいお店でたくさんの人をシアワセにしてあげてね。
奥様業も楽しんで
お幸せに♡」
「結婚しました」のハガキが届いたら、そうお返事を書こう。
                     momotaro

momotaroさま

美容院で、また一段とべっぴんになられたことでしょう。
それにしても、担当のスタッフが替わるのは、残念。。。。
嫁入りで辞めるのならしかたないねぇ。
引き止められない・・・。

私も先週、美容院に行ってきました。
う〜ん短く切ってね、駅伝やってる女子高生みたいになった。
待ってる間の楽しみは、私も雑誌。
普段読まない雑誌を、ゆっくり読むのが楽しみです。
家庭画報や婦人画報をしげしげ読みながら
「ありゃま!この宝石、見て。どうよ、まるでドロップスみたいだわ」と
奇声をあげる私に、私の担当の方は「ほんと!お値段もすごいわ〜」と
うまく合わせてくれるのです。
普段の生活でお目にかかることなどトンとない、高価で綺麗なものを
本の中で見て、
ついでにあんまり難しくないネタで、おしゃべりを楽しんで、
待ち時間もあっという間。

そうそう。
乙女が美しくなるプロセスには、こういう途中の時間も大事よね(^^)V

                          りつ
posted by りつ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月20日

5月の幸せ(さやかさん)

先週木曜日、中央図書館の読書会に参加しました。
今回のテーマは「ピーターラビット」
ピーターラビットってキャラクターとして
いろんなものに商品化されていて、とってもメジャーだけど、
お話しを読んだ事がありますか?
息子たちが小さかった頃に、手のひらくらいの小さいサイズの本を何冊も借りて、
読んでやったことがあります。
今回の読書会の為に「ピーターラビット全おはなし集」を貸して下さったので、
久しぶりに読み返したんですが、
大人が読んでも面白い話がたくさんあるなぁ・・・と改めて思いました。
今年は『ピーターラビットのおはなし』の日本語版出版40周年の年だそうですよ。
雨の降る日はお茶を飲みながら、おうちで絵本を読むのもいいかもしれません。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日はさやかさんの5月の幸せです。

5月なのに梅雨入りしてしまって、ビックリしましたが
少しでも晴れの日を楽しみたいですね。
連休の合間に、赤穂へ行きました。
忠臣蔵で有名ですが、メインである赤穂城跡に着くまで
(お寺に寄ったりしたのですけど)
あちこちに義士ゆかりの場所がありました。
さすが、赤穂・・・!

最近、曲をダウンロードするようになりました。
CDではなくて、曲をこんなふうに購入するようになるとは思いませんでした。
お店に置いてない古いCD(曲)を見付けるのには
すごく便利です。すっかり「通販」にはお世話になっています。

今月も無事にお仕事終えました。
腰痛と戦いながらでしたが(笑)
その分開放感が大きかったです。

                            さやか

さやかさま

腰の具合はいかがですか?

赤穂に行かれたんですね。
時期が師走なら「赤穂 イコール 忠臣蔵」ですが、
今の私が赤穂と聞いて「塩!」となってしまうのは、
主婦のサガってやつですね。
そういえば、うちの近所に静光寺ってお寺があるんですが、
ここに大石内蔵助さんのおばあちゃんのお墓があります。
おばあちゃんじゃ、ちょっと遠いお話しですかしらね。。。
でも「大石良雄 祖母の墓所」(良雄さんってのが大石内蔵助のこと)って
縦看板(・・・っていうのかな)を初めて見た時は、
「ほら、よくTVに出てる、あのタレントさんのご実家なのよ・・・」的な
ドキドキ感を味わいました。
・・・ちょっとミーハーです。

楽曲のダウンロード、以前は私もやってましたけど
AACだのMp3だの、何だかいろんな種類があって今はさっぱり・・・
未だにCDを買って聞いています。
ダウンロードの価格の安さ、魅力なんですけどね(^^;)。

                             りつ
posted by りつ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月17日

5月の幸せ(りえちゃん)

買い物をしてレジに並ぶ前に、まずやること。
「財布から該当のポイントカードを探す」
お得感に釣られて作ったカードが、結構な枚数になっています。
財布の中でそれぞれをちゃんと決めて仕舞えばいいんでしょうが、
そういうのが苦手なもんで、買い物のたびにレジ脇の通路でトランプみたいに
しゃかしゃかめくりながら、カードを探すのです。
これが何とも恥ずかしい・・・。
で、買いました。
20110616.jpg
バロールさんの革のカード入れ。
使ってるうちに色が少し落ちて、渋めの緑に変わるらしい。
理想はバロールさんの陳列棚にあったカード入れの色です。
しっかり使って、あの色に近づけよう。
それにしてもカードを抜いたら、財布が悲しいくらい薄くなってしまったわ・・・
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日の5月の幸せはりえちゃんです。

一応、自分の中で断捨離実行中なのですが、
最近娘に変化が表れました。
お客さんが急に来ても、「汚いけどどうぞ」と言える部屋の状態を
キープしているし、食費を抑えて野菜の苗や花の種を買っていたら、
「私も何か育ててみたい」と言うようになりました。
ちなみに息子は、ふろくのオジギソウ栽培セットで
種を蒔き、『いちご』という名前を付けています。
 
                        りえちゃん

りえちゃん

えらい!断捨離!
「断捨離」って言葉を聞いたのは去年。
ひとてまカレンダーの「○○月の幸せ」で「断舎離やってます」って書いて下さった方がいて、それで初めて知りました。
無駄のない生活を心がけてはいますが、
時折、ちまちまとした「必要のないもの」を買ってしまいますね〜。
そういえば友人の中に
「着ない服をごっそり処分した。そりゃもう、タンスがすかすかになるくらい」って人がいます。
私にもこの潔さが必要。
だってタンスの中の大半は、もう着ない服ですもん。
んで先日、処分を覚悟でタンスから引きづりだしたんですが、
別の衣装ケースに移し替えただけで、妙に納得しておわりました。
こういうときに限って「もったいない」が頭をもたげ、
潔さをうす〜くはぎ取られて、捨てる決心が鈍ったんですよ・・・。
はぁ・・・。
ここはやっぱり断舎離本に頼らんといけんってことかしらねぇ。

                           りつ

追伸
>息子は、ふろくのオジギソウ栽培セットで
>種を蒔き、『いちご』という名前を付けています。

かぁわいい!
そうそう、
オジギソウの種、取れたらちょうだいね。
posted by りつ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月15日

5月の幸せ(ヨーツィーさん)

そういえば、忘れてました。
6月のカレンダー。
20110614.jpg

6月のひとてまカレンダーはこれです。
写真は三宅史家さんの小物入れ。
初めて畳の上で写したんですが、「なかなかいいじゃん・・・」と、ちょっと自画自賛。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

<ひとてまカレンダー>
今日の5月の幸せはヨーツィーさんです。

ご縁があり、宮城県に行ってきました。
仙台で食べた牛タンと、盛っ切りでなみなみとついでもらい飲んだお酒が
おいしくて、おいしくて失神しそうになりました。
レゲエパンチという仙台発のカクテルも絶品でした。
これからも、ずっとずっと復興のお手伝いをしたいと、
強く思いました。
                       ヨーツィー

ヨーツィーさま

なんだかお腹空いてきました(笑)
おいしそうで・・・。
(深夜ですからね。今)
失神しそうなくらい美味しいお酒に興味あり!
私はビール派で、お酒に関してはあんまり冒険もしないんですが、
きわどい境を行っちゃうくらいのお酒なんて、ちょっと飲んでみたいです。

・・・と、ここで気になった「盛っ切り」という言葉。
「もりっきり」かと思ったら「もっきり」なんですね。
「おかわりなしの一杯」とか「コップ酒のこと」とか
「お酒をなみなみ注ぐこと」とか
調べていくと、コップにすりきり一杯、もしくはコップから溢れて、
下のお皿に溜まるくらい注がれたお酒が浮かび上がってきました。
だいたい合ってます?
「東北地方の方言で・・・」と書いてあるサイトもあって、
かの地の飾り気のない、温かなもてなしの心が伝わる言葉だなぁと思いました。

一日でも早く、元気な東北になりますように。

                                 りつ
posted by りつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月13日

無事に巣立つまで

20110613a.jpg
これ、ねこ避けです。ご近所のお宅の庭先で、これが仕掛けられてるのを見て、世の中にこんなものがあることを知りました。
そこで早速我が家にも導入。昨日、このチクチクを玄関に置きました。
ネコ好きの私がネコ避けを仕掛けても守りたいもの。
それは・・・


20110613b.jpg

これです。昨年、どこかのあんぽんたんネコに襲われて、巣ごとごっそり落とされたのですが、
今年はまたリフォームして(リフォームと言うより、ほとんど新築同様に作り変えて)
ここで子育てを始めてます。うちの軒下は毎年ツバメが住み着くのに、ネコだのカラスだのに襲われて、なかなか巣立つところまでいかないのです。
今年はなんとか守りたい。
だから諦めてね。ネコちゃん。
posted by りつ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 私は店主

2011年06月12日

5月の幸せ(しろいみちさん)

20110612.jpg

先日、物干しに吊るしていた服に留まってるところを、パチリ。
写真では大きく見えますが、糸のように細い赤ちゃんカマキリです。
がんばって踏ん張ってるようですが、微かな風にふらふら揺れて可愛い。
大きくなって、庭で毎年大量発生するバッタをやっつけてね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

<ひとてまカレンダー>
今日はしろいみちさんの5月の幸せです。

梅雨に入りましたねえ。
おむつの洗濯がある身としては、辛いですねぇ。
何しろ毎日、洗濯機を2回まわさなければえらいことになりますから・・・。
でも、お天道様に愚痴を言っても仕方がありません。
いろいろ工夫しましょう。
幸い最近は、便利なものがいっぱい出ていますから。

孫のnamiが生まれて1ヶ月が過ぎました。
ベビーバスがだんだん小さくなり、
沐浴係としては苦労していましたが、
1ヶ月を過ぎていよいよお風呂デビューとなりました。
おじいちゃんの出番です。
さすがに3人の子どもを毎日お風呂に入れてきただけあって、
手慣れたものです。
一度も泣かすことなく、丁寧に優しく入れています。
二人で見つめ合って、なにやらおしゃべりしながら、
おじいちゃんも至福の時といった感じです。
それを見ている私も、何とも言えず幸せな気持ちになるんですよ。

                      しろいみち

しろいみちさま

きゃわゆい赤ちゃんの写真を添えてくださって、ありがとうございます!
お孫ちゃん、元気で大きくなられてるみたいですね。
それより何より、とっても楽しそうですね〜。
ご自分の子育ての時と比べて、やっぱりお孫ちゃんってのは違うものですか?

育児に追われていた頃は「いつになったら自分の時間が持てるんだ・・・」って
思ってましたが、いざ、育ってしまうと、
赤ちゃんのいる生活が羨ましいです。
たった一人の赤ちゃんに、一日の大半の時間を取られちゃって
「私」なんてもんは「母」って言う役割の前に
まったく機能しない日々。
結構「過酷」な時間だったのに、
年々あの頃が懐かしくて。
我が家の息子たちも、あんまり手がかからなくなったので、
そんなものが懐かしさに繋がっているのかもしれません。
あ〜、あのむっちりぽちゃぽちゃ感・・・
しろいみちさん、いいなぁ〜

                        りつ
posted by りつ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月03日

5月の幸せ(だんごさん)

新しい帽子欲しいなぁ・・・
と思いながら、当面の紫外線避けに今まで被っていたのを
今年も使っています。
買うつもりのない時に限って、「これ!」ってモノに出会うのよね。
私の心を捕らえた麦わら帽子は、ひと月以上前にデパートの帽子売り場で
見かけたもの。
お値段が良くて、そのときは即行で諦めたんですが、
麦わら帽子の似合う季節になって、ふと「あれ、良かったなぁ・・・」って。
私の持っている服の、あれにも、あれにも、あれにも合うわ・・・と、
往生際の悪い事を考えています。
梅雨があけるまでに、素敵な帽子に出会えるといいんだけど・・・。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<ひとてまカレンダー>
今日はだんごさんの4月の幸せです。

・3人の子ども達が、おいしそうにごはんを食べている姿を見た時、
 なんとも言えない、温かい気持ちになりました。

・4月に入園した我が子が、朝泣いていたのに、嬉しそうに友達と
 登園していく姿を見た時。

                        だんご

だんごさま

そっかぁ・・・。
朝から涙目で園門をくぐっていかれると、お母さんも辛かったですねぇ。
初めて集団生活に入っていく我が子が、すんなり馴染めるかどうか。
帰ってくるなり「今日はどうだった?楽しかった?」って聞きながら、
話し出す表情を、ひとかけらも見落とさないつもりで見つめる。
笑顔が見えたら「やれやれ、大丈夫」って、ほっとする。
・・・んですよね。
我が家にはずいぶん昔の出来事になりましたが、
初めての4月は私もドキドキでした。
ずっとどこにもやらず、無菌状態で育てることはできないんですが、
我が子の辛そうな顔は、親には何よりこたえますもんね。
お友達ができてよかった、よかった。

息子たちがいくつになっても、節目ごとに似たような心配はしています。
ただ「初めての4月」の頃とは違って、子どもは確実に成長してるらしく、
少々のしんどさは、あんまり顔にも言葉にも出さなくなりました。
だんだん見えにくくなっていく我が子ですが、
ワシワシご飯を食べてるうちは、ま、心配は無かろうかと・・・。
うちは今、そんなかんじです。

                          りつ


posted by りつ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ

2011年06月02日

5月の幸せ(こむぎさん)

20110531.jpg

今週末、夫婦で人間ドックに行ってきます。
これは毎年恒例の行事なんですが、私は最近、運動不足のせいか去年より体重が少々増え気味で、
なんとなく全体にぷよ〜んとしてます。
・・・ということで、今週は悪あがきウォーキング週間としよ!
・・・今更だけど。


(今日の写真は山下理恵さんのガラスのはし置き)
---------------------------------------------------------------------------------------------------

<ひとてまカレンダー>

今日から5月の幸せをお届けします。

今日はこむぎさんの5月の幸せです。




知的障がい者施設で自立支援のお手伝いをさせていただいております
5月も関係者の皆さんをお迎えして
小さな講習会を催しました
「地元野菜と雑穀のケークサレ」

簡単に焼けて
スープを合わせれば
朝食やお昼ご飯にぴったりの
身体に優しい塩ケーキ

施設利用者のみなさんの商品アイテムの
1品に加えていただくことが出来れば幸いです

偶然の出会いから
障がい者のみなさんとお菓子やパンを作るようになって2年

多くの方の協力や努力によって
やっとコンスタントに利益が出るだけの売上を上げられるようになってきました

そして
少しづつでも
施設利用者のみなさんに
お給料を増額してお渡しできるようになればと

いろんな歯車が
ユックリと噛み合い始めた

そんな5月でした・・・

                      こむぎ

こむぎさま

今月も写真付きメールでありがとうございます。
「地元野菜と雑穀のケークサレ」って、
野菜がいっぱい入ってそうな、とってもおいしそうなケーキですね。
確かにこれならりっぱに栄養が取れそう。
こんなケーキが朝ごはんなら・・・幸せ。

食べるって大好きです。
美味しいものを食べてると、この上なく幸せな気持ちになれますもんね。
そう感じるのは、
「食べる」が「生きる」ってことに直結しているからでしょうか。
こむぎさんの野菜と雑穀のケーキサレも、
施設の人の「生きる」に繋がるレシピとなりますように。

                           りつ
posted by りつ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの幸せ